オフィシャルブログ

8/29 6年練習試合 vs北原ウイングス

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

6年練習試合 vs北原ウイングス8-4勝利

 

常々選手には準備が大事だと伝えていました。

試合に臨むための準備、打席に入る前の準備、守備における各種備えの準備。。

今日の試合はジャガーズがホストだったのですがラインカーに粉が入ってない、メジャーがない、スコアブックもない等。。

試合開始を遅らせる結果となってしまいました。

相手チームにもご迷惑をおかけしました。

選手のみんなにはいつも準備が大事だと言っておきながら1番準備できていなかったのは監督でした。申し訳ありませんでした。

 

監督、コーチも準備を怠らないように徹底して行きたいと思います。

 

試合の中身について

攻撃では、トップバッターの5年生が左中間にツーベースで出塁するも、三者三振と1巡目は相手投手にてこずっていましたが2巡目にキャプテンのホームラン等でしっかりと得点できました。

 

相手の2番手は左でスピードのあるボールを投げていましたが制球の乱れもあり得点できました。

 

みんな、バッティングはかなり振れるようになってきたんじゃないかなと思います。

 

走塁も先を狙う積極性もありますね。五年生はそういうところも見て学んでくれたらと思います。

リードの取り方、第二リードの取り方も、意識してできるところからですね。

 

守りについては相手打者を見て各自ポジションを変えている選手もいればほとんど動かない選手もいますね。

 

練習試合でもあるし、ぜひ積極的に動いて見てほしいと思います。気づき、指示を出すことができる選手が多いほうが勝てると思います。

 

秋の大会で最高の結果を出すために、選手もコーチも最高の準備をして臨みましょう!

 

日常生活でいい判断ができないやつに、グラウンドでいい判断ができるわけがない。

 

 

平尾 誠二(ラグビー日本代表監督)