オフィシャルブログ

11/8 南部大会決勝トーナメント1回戦 準々決勝vs大井亀少クラブ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

11/8 南部大会 準々決勝vs大井亀少クラブ 3-7敗戦

 

この大会でのジャガーズのこれまでの最高戦績は2015年のベスト4。

当時のチームに匹敵する良いチームだと思っています。

なんとしても勝ちたい、勝たせてやりたい。

そしてまだ見たことのない景色をみんなで見たいと意気込んで試合に臨みましたが、またしても野球の難しさ、怖さを思い知らされる結果となりました。

 

初回はお互いに無得点で、我慢比べかなと思わせる試合展開でしたが、

2回に4番バッターのツーベース、ワイルドピッチ、四球で得たチャンスでスクイズとセンターゴロの間に2点先制。

良い流れが来てました。

その裏、エラー、バント処理うまくいかず、四球でノーアウト満塁となり、

1アウトを取りましたが、押し出し、スクイズで同点とされました。なんとかここで踏ん張りたいところでしたがさらに四球でツーアウト満塁とされ、相手の2番バッターにレフトへ勝ち越しの満塁ホームラン。。

コントロールの良いのが持ち味のエースでしたが1イニングで3つの四球は初めてじゃないかな。

横から見る限り、良いところに投げているように見えたのでなんとかなるだろうと思ってましたが甘かったです。

反省です。

キャプテンが間を取ってタイムをかけてくれて選手で集まってましたが監督も行くべきでしたね。

1イニング6失点は監督の責任です。

 

ここからどう挽回するか、本当の意味での強さが試されている展開でした。

反省するのは試合が終わった後。

試合が終わるまではベストを尽くそう。

常に言い続けていました。

何度か緊張の糸が切れかけている時がありましたが踏ん張ってそのあとのイニングではノーアウト満塁のピンチもありましたが1失点に抑え、粘りを見せてくれました。

みんなで守ろうという気持ちはでてましたね。

攻撃ではツーアウトからでしたが満塁のチャンス始めいくつか見せ場はありましたがあと1本が出ませんでした。

最終回、キャプテンの四球を皮切りに勝負強くなった5番バッターのタイムリーで1点返しさらにワンアウト満塁のチャンス。

ここで代打の切り札投入も惜しくも凡退、続く期待の4年生も倒れゲームセット。。

 

選手はよく頑張ってくれました。

 

攻撃では内野フライ、キャッチャーフライが多かったですね。

うまく打たされた感じでした。

自分のスイングをさせてもらえなかったというか、タイミングがあっていなかった感じに見えました。

牽制でアウトになってしまったり、

緊張もあったのかも。これも経験。

こういう時こそ落ち着いて状況の確認と自分がすべきことの準備ですね。

 

この敗戦を活かすも殺すもこれからのみんな次第。

 

悔しい思い出を、これからの努力でいい思い出に変えられるかどうか。

 

変えられるように全力でサポートします。

 

君たちならできる。

 

なりたい自分、あるべき自分を目指して励んでいこう。

 

君たちにとって、本気で何かを成し遂げようとするのはこれが初めてのことかもしれないですね。

 

私がみんなと野球ができるのもあと1ヶ月ちょっとです。

 

みんなの成長をしっかりと見届けさせてもらいます。

 

 

神様が手を差し伸べたくなるくらいまで頑張れ。

 

期待しています!!