オフィシャルブログ

月別アーカイブ: 2020年8月

8/23 市総体準決勝 vs岡ファイターズ

8/23 市総体 準決勝vs岡ファイターズ2-5敗戦

 

前日の予選リーグを勝ち上がり二位通過で決勝トーナメント進出。

結果は敗戦でしたが痺れる良い試合をありがとうございました。

 

相手は守りが固く、バランスの取れた良いチーム。

 

見習うところもあります。

試合前のキャッチボール声がよく出ていて、この試合にかける意気込みが伝わってくるなと感じていました。

ジャガーズのみんなも最初はいい声でてましたよ。

最後まで継続できるようになれればさらにチーム力上がりますね!

 

 

最後はこの試合かける思いの差が出たのかもしれません。

 

昨日の練習。

クソ暑い中ボール回しをノーミスでやることをさせた意味、分かってもらえましたか?

 

ワンプレーで点を取られる、負けるプレッシャーを味わう擬似体験です。

 

今日の試合は一球の重み、ワンプレーが命取りになると想定してあえて取り組んだわけです。

 

実際その通りになりました。

 

ミスしても挽回できれば良いし、今日も実際に取り返してくれてましたが結果は敗戦。。

 

とにかくミスができない場面で試合をするということが成長になるんだと思います。

うまくいったら自信になりますよね。

 

良いプレーもありました。ファーストへの緩いゴロでセガンドが一塁にペンスカバーしてアウトをとった連携プレーは良かったですね。

送りバント、スクイズをサイン通り決めてくれました。

キャプテンの特大ホームラン、痺れましたね。

ここぞという試合、場面で決められる選手が増えてきました。

 

ジャガーズはこういう痺れる試合でパフォーマンスを出せる選手、チームを目指しています。

 

負けはしましたが熱くなりました!

 

ミスをしても反省するのは試合が終わってから。

試合に出ている以上、ジャガーズの代表としてベストを尽くす。

残念ながら得点には結びつきませんでしたが随所にプレーにみんなの気持ちが込められていました。

 

悔しい思いをしたと思いますが、

まだまだ伸び代あると思ってます。

 

ベンチとしては勝つための準備を入念にできたかなと反省しています。

次回、やり残しのないように悔いの残らない準備をして試合に臨みたいと思います。

 

結果が出ないとき、どういう自分でいられるか。

 

決してあきらめない姿勢が、何かを生み出すきっかけをつくる。

8/22 市総体④ vs朝霞ストロングス

8/22 市総体 vsストロングス 10-1勝利

絶対に負けられない試合、勝つことができました。

相手投手が制球に苦しんでいるところ、加点することができました。

執念のタイムリーポテンヒット、エラーを誘うゴロ、色々ありました。

 

それにしてもよく泣く笑

 

ヒットを打ってガッツポーズした後に盗塁で刺されて号泣。

 

ホームでタッチアウトの判定で泣く。

 

喜怒哀楽あり、悪いとは思いませんがチームの代表で試合出てますのでみんなのことも考えられるようになってくれたらと思います。

 

各自、納得するプレーをすることができたのかは自問自答して欲しいところです。

とにかく勝つことができて、次にもう一度試合ができる、チャレンジするチャンスを得られて良かったと思います。

 

ピッチャーも安定感ありましたよ。

計算できるピッチャーがいるのはチームにとってありがたく、キャッチャー含め、野手のレベルも上がります。

 

キャッチャーにはいつも厳しいことを言ってますが、歯を食いしばってよく頑張ってると思います。あと一息でもうワンランク上のキャッチャーになれそうです。努力し続けることです。強いチームには総じて良いキャッチャーがいます。

期待しています。

 

決勝トーナメント進出おめでとう

8/16  6年練習試合 vs栄ホークス

8/16 練習試合 vs栄ホークス 3-11敗戦

猛暑の中、試合も苦しい結果となりました。

収穫は4,5年生ですね。

この暑さの中頑張ってきた成果を実感できた選手もいたのではないでしょうか。

相手の先発ピッチャーはスピードあり、かなり力がありました。

そんなピッチャーにも気後れすることなくしっかりバットを振っていました。

次は打てるように!練習あるのみ!

もうひとつ、収穫というか学びというか。

ひとつの四球、凡ミスがことごとく失点に結びつきましたね。毎回毎回…。

どこかで食い止めないと。。

落ち着いて、目の前のバッターを打ち取ることです。難しいことですが。

 

試合後選手に伝えたことは

ジャガーズではキャプテンを、交代で務めてもらっています。

この意味を考えて欲しいということです。

単に整列の号令をかけるだけではありません。

みんながキャプテンの立場や役割を理解して行動できるようにさなったらジャガーズはもっと良いチームワークが出来上がると思います。

とにかく色んなことに気づいて欲しいです。

期待しています。

 

いよいよ来週末は公式戦。

負けられない試合となります。

 

悔いのない準備、プレーをして勝ちましょう!

 

 

びっくりするような好プレーが、勝ちに結びつくことは少ないです。

 

確実にこなせないといけないプレーを、確実にこなせるチームは強いと思います。

 

イチロー

8/10 清瀬育成会 vs滝山ジュピターズ

8/10 清瀬育成会 vs滝山ジュピターズ 8-4勝利

猛烈な暑さの中、選手がよく頑張ってくれました。

今日の対戦相手は過去に大敗を喫したことのある相手でした。

まず、勝てたことは選手にとっても大きな自信となったことと思います。

 

ピッチャーは慣れないマウンドで立ち上がりは苦労していましたが徐々にアジャストし立て直してくれました。

ランニングホームランは打たれましたがいずれもソロホームラン。大量失点には至らず、踏ん張ってくれました。

エラーがあっても腐らずに落ち着いて投げ続け、暑い中よく頑張りました。

4失点は及第点です。

リズムよく投げ続けることが攻撃にもつながると考えています。

キャッチャーも暑い中、集中力切らさずに頑張ってくれました。

 

攻撃は、欲しいところでナイスバッティングがでました!

特に最終回の勝ち越しタイムリー、素晴らしい!

5年生、カッコ良かったです!

打った時の気持ち、忘れないでください。

 

ツーアウトから四球を選び、盗塁、そこからの勝ち越しレフトオーバーのタイムリースリーベース。続いたキャプテンのセンターオーバーのランニングホームラン、4番の魂のポテンヒット。。

一挙4得点。

やはり野球は怖いなと改めて感じました。

逆もあり得ますからね。。

 

次は誰がヒーローになってくれるのか?

誰でもヒーローになれる!

次のヒーローはこれを読んでる君だ!!

ジャガーズ魂!

8/9  6年フレンドリー大会(春)準決勝 vsガッツナイン

8/9 フレンドリー大会 vsガッツナイン6-8敗戦

 

点の取り合いになると予測して、今日のチームの目標は5点取ることと選手に伝えました。

6点取れたのは収穫です!

残念ながら初回、2回で7失点。

ベンチの雰囲気も悪くなり、諦めムードが漂っていましたが…。

何点取られようがとにかく5点取ることを目標にしたのだから1点ずつ積み重ねて行こう!

と声をかけて、選手が奮起してくれました。

結果、あと少しまでたどり着きました。

選手も、次はやれるという感触をもってもらえたのではないかなと感じてます。

 

野球にミスはつきものです。

ミスの原因は何なのか。

技術が足りなかったのか、

知識が足りなかったのか、

状況の把握と準備が足りていなかったのか、つまりは経験が足りていなかったのか。

 

技術は練習するしかないです。

あとはこれだけ経験してきているので、状況の把握と準備もできるようになって欲しいです。緊迫した場面でこそ必要です。

自分がすべきことを整理できればあとは実行に移すだけです。

今日の試合で得たことを是非次に活かしてください。

 

緊迫した場面で送りバントやスクイズを決めたり、代打で出てもしっかりとボールを見極めて四球をもぎ取る、タイムリーを打つ、選手それぞれの地力がついてきているのは間違いないです。

あとはうまくいった時のことをしっかりとイメージすること。ポジティブに!

失敗しても次はうまくいくと信じてチャレンジし続けよう!

 

ジャガーズ魂!

8/8 高学年練習試合 VS栄和クラブ

8/8  練習試合 VS栄和クラブ

荒川総合グラウンドにお招き頂き、栄和クラブさんと練習試合を行いました。

一試合目、12-3で勝利。

初回はお互いに3者凡退の立ち上がりでしたが、2回表の攻撃、ツーアウトで塁上に2人を置いてエースが放った大飛球!レフトに捕球され先制ならずも、とても素晴らしい当たりでした。

3回表に、キャプテンの右中間を破る見事な3塁打をきっかけに1点先制。

4回表には、ツーアウト1、3塁の場面で、またまたエースの、今度は見事なセンター前ヒットで追加点。しかし、1塁ランナーの打球判断が悪く3塁でタッチアウトに。

1点を争う試合では走塁が勝敗を決める事もある!

ランナーは常に次の塁を狙う意識と準備を、ランナーコーチャーはランナーにはっきり分かる大きなジェスチャーと声でランナーをしっかりサポート出来るようになろう!

守備では、4回裏ツーアウトからデッドボールを与えてしまい、ランナー2人を置いて、高めに甘く入った球を打たれてしまい2失点の場面がありました。

なぜそのボールを要求するんだとついつい言ってしまいがちですが、試合を通して失敗や成功を繰り返しながらも、選手同士で試合中や試合後に話し合って、その経験を次に活かしてくれたらと思います。

ニ試合目は、5年生試合を行いました。

学年別大会を見据え、5年生6人に4年生2人と3年生2人を入れて試合に臨みました。

5年生のピッチャーは、持ち味のキレのある球とコントロールで相手打線に立ち向かい、試合を作りました。しかし、味方のエラーと相手打線のヒットが繋がり大量失点。

たまらずヘッドコーチがタイムを取りマウンドに向かうも、ついにこらえきれず、目から汗が出てしまったね。

責任感の強い5年生キャプテンだから、自分がやらなければと、途中から投球にも少し力が入り過ぎていたかな。

今はキャプテン頼みになってしまっている5年生チームだけど、これからもっともっと練習して、振り返った時には頼りになる仲間が守ってくれているという日が必ず来るよ!

仲間と共に必死に練習して、最高学年に向けて頑張ろう!

5年生チームも日に日に上達してきている。

これからが本当に楽しみだ!

がんばれジャガーズ戦士!!

8/2 市総体③ VS若松ブルーウイングス

8/2 市総体 vs若松4-3勝利

朝志ヶ丘ジャガーズ  021 10|4

若松ブルーウイングス 201 00|3

決勝トーナメント進出をかけて絶対に負けられない試合で、

選手がよくやってくれました。

送りバントやスクイズがうまくいかなかったりとかもありましたがかなり自分で準備できるようになりました。

野球でミスしたことは野球で取り返す。

接戦を経験することによって成長するのだと思います。

選手はチームが勝利するために何ができるのかを考えて欲しいのと、

試合に出ている選手はチームの代表として出ているということを念頭においてベストを尽くして欲しいということはいつも言っている通りです。

2人の投手が良く踏ん張ってくれました。

ピンチは何回もあり、大量失点しそうな場面もありましたが落ち着いて目の前のバッターをアウトにできました。

今日の相手はバントでかなり揺さぶりをかけてきましたね。

主軸のバッターにもバントさせていました。

点の取り方はいろいろありますが、こういう点の取り方もあるんだということを知って欲しいです。チームによっていろいろありますね。

課題もいくつか出ましたね。

ピッチャーのバント処理、

ファーストでアウトにした後のバックホーム、

送りバント、スクイズ、外野からのバックホーム中継までの送球

練習できることは沢山あります。もっともっとレベルアップできます!

 

ビッグプレーもありました。

センターフライのタッチアップからのダブルプレー、

代打のツーベース、

申告敬遠されてなぜか泣く笑

 

市内の大会は今日のような試合が続きます。

勝っても負けても接戦の中でプレーする事が成長する近道だと思います。

これからもこういう経験を積み重ねて野球の面白さ、奥深さをもっと知って、野球を好きになって欲しいです。

そして上のステージへ。

 

努力して結果が出ると、自信になる。

 

努力せず結果が出ると、傲りになる。

 

努力せず結果も出ないと、後悔が残る。

 

努力して結果が出ないとしても、経験が残る。

 

久々の大会観戦!!

去年帯同しているのになかなか試合に出してあげられなかった子達が

最上級生になり、たくましく成長している姿に感動しました。

去年の県大会の悔しさ、あの涙を今一度思い出して、レベルアップして頑張ってください。

応援しています!!

 

8/1 練習試合VSグリーンファイターズ、志木ジュニアーズ

8/1 練習試合 vs 浦和ファイターズ、志木ジュニアーズ

 

午前中の公式戦含め

暑さという見えない敵に、4〜6年生を2班に分けて午後に練習試合をさせていただきました。1試合目は制球に苦しむピッチャーからしっかりと得点できたと思います。

サインを見るタイミング、そもそもサインがわからない、知らない選手がいるんですね。

これが現実です。

試合に出て初めて経験する雰囲気を感じてもらえれば良いと思うので今はどんどんチャレンジしてもらいたいですね。

牽制でアウト、リード取りすぎた、スタート反対に走った、何でも良いじゃありませんが。それで試合に負けたりして、何かを感じてくれたらあ良いと思います。試合に出ている以上ミスは必ずといっていいほどおこります。そこをわかってもらいたいです。よくがんばりました。

 

2試合目の相手チームのバッターはみんな良いスイングしてましたね。見習いたいです。

 

ピッチャーも何人か試しましたがうまくいったピッチャーもいたし、なかなか思うようにストライクを投げられなかったピッチャーもいました。

これからもチャンスがあれば投げさせたいと思ってるのでまずはチームのピッチングコンテストで勝ち抜いて欲しいと思います。

練習と試合の違いもよくわかると思います。

こちらも楽しみです。

 

とにかくこの時期にいろんな経験ができたことはあとで必ず役に立つと思います。

 

苦しいから逃げるのではない。

 

逃げるから苦しくなるのだ。

是非乗り越えて欲しいと思います。

8/1 市総体② VS田島イーグルス

8/1 市総体 vs田島イーグルス 15-2勝利

公式戦、負けられない試合です。

選手がよくやってくれました。

各自、自分の課せられた役割を言われるまでもなく率先して動けるようになってきましたね。

負けられない公式戦が続きますが君たちならきっとやれる‼️

あとは自分を信じ切れるかどうか。

こっちは祈るだけです。

7/24 市総体① VSガッツナイン

7/24 市総体 vsガッツナイン 2-6敗戦

チャンスはお互いに毎回のようにありました。相手はタイムリー、ホームラン2本、こちらはあと一本欲しいところです。

ここぞで打てるバッター目指していきましょう!

良いバッターでしたね。うちの誇る2人のピッチャーからホームラン。素晴らしいです。

これからも痺れる勝負が見たいですね。

 

ジャガーズも良いバッターはいます。

可能性は秘めています。

あとはきっかけ、自信。

どんな場面で、どのボールをどこにどういう打球を打って、塁上でガッツポーズしている自分をしっかりイメージして、実現させるためにしっかり準備して、初球からフルスイングできるように。

 

次も5点勝負になる!!

逆にうちの投手陣ならそれ以下で抑えられる力はあります。ピッチャーを助けてアウトにできるところで確実にアウトを積み重ねていければチャンスはきます!

ピンチを切り抜ける力もある。

点の取り合いです。

打ち勝ちましょう!!

痺れる試合、痺れる場面でプレーする事で経験を重ね、そこから自信が生まれます。

これからも強いチームと痺れる試合をしていこう!

 

ここからは、

考え方の話ですが。。

相手は頻繁にバントの構えをしてきますね。

時にはツーストライクになるまでバントの構え。追い込まれてからヒットを打つ選手もいました。そういう状況でヒットを打てるということはやはり、力があるんだと思います。

見送るにしてもただ見送らずにしっかりと球筋を見極めようとしているんだろうなと。

 

ジャガーズは違うやり方です。ベンチやネクストにいる時によく見てしっかり準備して初球から打つべきボールをしっかり叩くことを取り組んでいます。

 

どちらが良いのか、前者は守備側にプレッシャーをかけるのと、ピッチャーの球数を増やさせること、球筋を見極めさせることができるのがメリットと言えます。

デメリットは追い込まれてから打つことで打者は1球で仕留めなければならないプレッシャーがかかる。

見送り三振のリスクもある。

 

後者は攻撃側の立場に立って考えれば3回フルスイングするチャンスがあるということはメリットがあります。

さらに、ピッチャーの立場に立つと、初球からフルスイングしてくることが分かっていると、警戒して際どいコースを狙うことになり、ボール先行になりがちになります。

これは攻撃側にはメリットですね。

ただ、下手すると3球でチェンジというリスクもありますし、バッターのレベルがある程度ないと、打つべきボールではないボールを打たされるリスクもあります。

 

どちらが正しいとかではないです。

 

選択肢はたくさんあり、選手には、いずれ状況によって何を選択すべきかを自分で考えられるようになって欲しいです。

 

ただ、少年野球の段階としては、まずは打てるボールをしっかりとスイングできる選手になっておいて欲しいと考えています。

空振り、ミスショットを恐れず、勇気を持って、積極的に…。

 

打つしかない、ベンチの指示は何もない場面で打つことのできる選手になってもらいたいです。

 

打ったときの喜び、練習してよかった、そういう成功体験の積み重ねで野球の楽しさ、奥深さを知り、もっと好きになって、もっと上手くなりたい、という思いを持って次のステージに上がってもらいたいのです。

 

ベンチの言う通りにやってるだけではその試合に勝つことはできても選手の本当の意味での成長はありません。

勿論、勝てば次にまた違った経験ができる可能性はありますが…。

 

ジャガーズ魂とは、

カッコいい野球選手を目指すこと=自己完結できる選手と伝えました。

 

ジャガーズ魂をグランドで全員が表現できればジャガーズの将来は明るい!!

 

期待しています。

 

市総体はあと3試合、全部勝って決勝トーナメント進出、そして優勝しましょう!!

 

結果が出ないとき、どういう自分でいられるか。

決してあきらめない姿勢が、何かを生み出すきっかけをつくる。

 

イチロー