オフィシャルブログ

月別アーカイブ: 2020年11月

フレンドリー秋 予選リーグ④VS宗岡ヤンガース

11/23フレンドリー大会 VS宗岡ヤンガース 6-5勝利

本日は酒向が監督を務めさせていただきます。

監督として初めての采配です。

この試合の監督が決まった時から悩みました。

打順、守備、サイン。。。

一度決めた後、当日はその後に別の重要な試合があり、それも考慮した先発投手にしないといけないので、また変更。。。

 

ただ当初考えていた方針通りでいこうと決断しました。

①守備は今まで経験がないポジションにつく!

②攻撃はサインを出さずバッターが自由に打つ!

③走塁は自分が行けると思ったら走る!

 

①は前日の練習で、キャッチャーをやりたい!という選手がいて考えていた守備を変更しました。

選手の意見をそのまま採用していいのかといった疑問もありますが、本人の前向きな姿勢が大事と判断しました。

②は自由でいいのか、チームワークはいいのかという不安はありました。

でも野球を初めた時、選手の誰もがカッコ良く打ちたいと思ったはずです。

その思いをこの試合で出して欲しいと思いました。

 

いよいよ試合開始!

相手の1番バッターが初めてセカンドを守る選手のところに打球がいき、取って1塁に送球してアウト!

監督が一番ほっとしました。

その後、先発ピッチャーが苦しみながらも周りの励ましがあり最小失点で抑えてくれました。

 

3回から当初の予定通り、守備を変更しました。色々なポジションを経験してもらう為です。

経験することで新しい発見があればその後の野球だけでなく選手たちの人生にプラスがあるはずと思いました。

それほど大きなミスもなく選手たちは頑張ってくれました。

 

攻撃はチャンスをものに出来ず、3回裏までリードされていましたが選手たちの気持ちで逆転!

4回表に入るところで時間切れで試合終了!

 

前日にクライマックスで負けた後の試合でしたので連敗しなくて良かったです。

試合の途中で僕もキャッチャーをやりたい!と言った選手がいました。

前向きな姿勢は非常に良いですね。

本当は5〜6回まで試合が続けば第三の守備体制にしたかったのですが実現できずに残念です。

 

最後まで一生懸命頑張った選手たちは本当に輝いていました。

この気持ちをいつまでも忘れずに何事にも前向きに取り組んでくれたらと願っています。

ジャガーズ最高!!

フレンドリー秋 予選リーグ③VS朝霞フレンズ

フレンドリー秋 予選3戦目

VS朝霞フレンズ  1-8 敗戦

本日は兵頭が監督を務めさせていただきます。

フレンドリーカップ3戦目は朝霞フレンズとの対戦でした。

実は今の6年生が、低学年で初めて公式戦を行ったのが、朝霞第6小学校でのフレンズ戦でした。

それを踏まえて、先発ピッチャーもその時投げた選手に託しました。

高学年ではキャッチャーをやる機会が増え、最近ではショートを守る事が多い選手ですが、ピッチャーとしての可能性も多いに秘めています。

試合は、積極的に打ちに来るフレンズ打線にも助けられ、先発ピッチャーが4回まで0点に抑えます。

攻撃では、2回に5番バッターが打ったランニングホームランの1点のみを守り、5回のイニングへ。

キャッチャーから、もうピッチャーは限界だと思います、とのアドバイスも有りましたが、指示は続投…甘かったです。

1打逆転の場面でタイムリーを打たれ、その後もランナーを背負い、2番手で投げる予定だった選手に2死満塁という厳しい状況で投げさせる事になってしまいました。

そのまま勢いの付いたフレンズ打線が止まらず、8失点でコールドゲームが成立してしまいました。

明らかな継投ミスでの敗戦、選手達に申し訳なかったです。

先発ピッチャーは本当に良く投げてくれ、頼もしかったです!!

2番手の選手も、公式戦では登板機会がなかなか無かったですが、ピッチャーとしての魅力があります。

次はもっと良い形でマウンドに送り出してあげたいと思います。

 

他の選手たちも、次のステージに向けて、普段あまり守らないポジションを積極的に練習するようになってきています。

自分の可能性をどんどん広げて、次のステージに自信を持って上がって欲しいと思います!!

 

ジャガーズ戦士としてのゴールはもう間近、最後まで全力で突き進もう!!

 

頑張れジャガーズ戦士‼️

フレンドリー秋 予選リーグ②VS朝霞ストロングス

フレンドリー大会予選リーグ②

対 朝霞ストロングス     3-1勝利

フレンドリー大会は思い出作りとして6年コーチが順番で監督を務めさせて頂いています。本日は渡邊が試合日記を書かせて頂きます。2年前に長男の時も監督をさせてもらいました。

学童野球の監督を務めるのは今回で2回目、緊張しました…。

グラウンドの8小に着き、ここに来るのは久しぶりだなぁ、良い天気だなぁとスタメンを考えながら

感慨にふけっていると選手の1人がアップ中に足が痛いです、、と。6年生9人だけで来ているので無理はしない、走らないで良いからと伝え、、。何とか試合開始です。

試合は5回まで相手投手のゆっくりとした投球にタイミングが取れず僅か1安打(笑)と非常に胃が痛くなる様な展開です。しかしジャガーズの投手陣もランナーは出しつつも要所を締め0を並べ、6回に

今日は2番に起用右のポテンヒットのスペシャリストの鋭いセンター前ヒット!(笑)

続くキャプテンのセンターオーバーのスリーベース、相手のミスなどを絡めこの回一挙3点を奪いました。最終回に1点返されますがピンチを凌いで何とか勝利!

慣れない監督に選手のみんなが最高のプレゼントをくれました。

ありがとう!

 

6年生のみんな、このチームで出来る野球も残り約1か月になりました。監督やコーチに指導してもらって本当にみんな上手くなったと思います。

残りの試合悔いの残らないジャガーズらしい試合をして笑顔で卒団を迎えよう!最後までサポートします。

ジャガーズ魂

フレンドリー秋 予選リーグ①VS田島イーグルス

フレンドリー大会1試合目

vs田島イーグルス戦

本日は富田が監督を務めさせていただきます。

フレンドリー大会は例年、6年生最後の大会で6年生の親コーチと選手だけで臨む大会となっていて、今年は6年親コーチ6名と選手9名オール6年で大会に臨みました。

 

初戦は同じ朝霞市内で幾度も対戦している田島イーグルス戦。今回は普段守っているポジションとは違うポジションを経験してもらいたく毎回守備位置を変更する作戦で戦いました。

 

初回こそ0点に抑えられましたが先制、中押し、ダメ押しと点数を取り、守っても相手の点数を1点に抑え結果的には13-1と大勝しました……。

 

っが、試合内容的にはいつもと違うベンチワークだったり、いつもと違う守備位置だったりするせいか、いつも通りの試合に入っていく準備、気持ちの準備が出来ていなかったように思いました。ベンチとしてもその点は非常に反省するところです。監督って大変だなぁとつくづく思いました。

 

選手達には、どんな状況であれ、どんな場面であっても自分達の持てる力を100%出せるように自分自身でスイッチを入れられる選手になってもらいたいです。

 

ジャガーズ魂

11/23 第1回緑鳳凰杯 VSストロンガー

11/23 第1回緑鳳凰杯

VSストロンガー 3-4敗戦

 

例年通りのシーズンが送れなかった6年生に、卒団前に一つでも多くの大会をと、緑鳳凰杯が新設されました。

そんな熱い思いの込められた大会にお誘い頂き、本当に有難いです。

この状況でも野球が出来る事に感謝し、いつでも全力プレーを見せてほしいです。

 

この大会は、規約の中に全力疾走という項目があります。

そこはしっかりやろう、と選手に話し試合に挑みました。

いつもはベンチのコーチから「ダッシュ❗」という掛け声があってもなかなか…という場面がありますが、この試合は最後まで攻守交代全力疾走してくれました。

次のステージに向け、技術の向上も大事ですが、この大会をきっかけに野球に取り組む意識も向上してくれたら嬉しいです。

 

試合は2回表キャプテンのツーベースをきっかけに、2点を先制。

3回裏満塁からポテンヒットで1点失うもその後踏ん張り、4回表に1点追加し終盤を迎えます。

先発を任せたピッチャーは、いつもは抑えでの短いイニングが多いですが、今日は5回途中を投げて2失点。良く投げてくれました。

2番手投手いつもは先発ですが、今日はいつもとは違ってランナーがいる場面で登板してもらいました。

ランナー1塁から味方エラーにより、1死1塁3塁に。

相手の4番バッターの打ち取った当たりも、飛んだコースが悪く同点になり、なお1塁3塁。

そこから1塁ランナーの盗塁をキャッチャーが見事に刺し、2アウト3塁。

ここで時間制限があり、1打サヨナラの場面になってしまいました。

厳しいコースに投げて焦らず1人をしっかりアウトを取ろうと立ち向かいましたが、追い込んだ後のボールが真ん中に入りレフト前にサヨナラヒット。

投げたピッチャーは、厳しいコースに投げきれなかったと反省していましたが、悔しい経験が次の登板に生きてくるはずです。

 

取れる時に追加点が取れず、何とも悔しい敗戦でしたが、相手チームは1番から9番までファーストストライクを積極的にフルスイングして来る素晴らしいチームでした。

何とか敗者復活を勝ち上がり、もう1度対戦したいチームです

這い上がろう!!

頑張れジャガーズ戦士‼️

11/21 クライマックスシリーズ1回戦VS片山ウイングス

11/21 クライマックスシリーズ1回戦 vs片山ウィングス 0-2 敗戦

 

2年ぶりのクライマックスシリーズ出場。

結果は敗戦。

流れを持ってくることができませんでした。

完封負けは今年初めてじゃないかな。

 

何度かチャンスを作れそうなタイミングで牽制タッチアウト(2回)や、相手のファインプレーで3塁を踏むことすらできませんでした。

何か打つ手はなかったのか。

ベンチとして、監督として…。

優勝争いをする力は十分にあるチームだと思っていますし、現に市内の大会でも優勝しました。

あとあと一歩でした。

とは言え選手はこれまで取り組んできたことを出してくれたと思います。

 

強い者が勝つのではない。勝った者が強い

片山ウイングスさんは強かったですね。

 

毎回いうことですがこれもみんなにとっては通過点の1つに過ぎません。

 

この経験を次のステージで活かして下さい。

 

後で、この思い出が良い思い出になるように努力し続けて下さい。

 

目指していたクライマックスシリーズも終わり、ジャガーズとしても一区切りとなります。

これからは次のステージへ向けて自分を磨く時間となります。

 

これまで練習でも試合でもプレッシャーの中でプレーをしてきましたがそこから解放された今が1番うまくなるチャンスではないでしょうか。是非練習、努力を続けて下さい。

君たちの将来が本当に楽しみです。

 

最後に、応援に駆けつけてくださった皆さん、ありがとうございました。

結果は思っていた形とは違う形となりましたが選手たちは本当によくやってくれました。

 

引き続き応援よろしくお願いします。

11/14 クライマックスシリーズ出場決定戦 vsガッツナイン

11/14 クライマックスシリーズ出場決定戦 vsガッツナイン 11-4 勝利

 

今年、クライマックスシリーズに出場する条件は

秋の四市大会でベスト4、残りの4チームを各市から1チームずつ推薦で選出の、計8チームのトーナメントで行われることになりました。

ジャガーズはというと、ベスト4をかけた試合で岡ファイターズに敗戦したため、朝霞市から推挙されないと出場できません。

 

朝霞市内の大会の結果はというと、

市総体は優勝は岡ファイターズ、準優勝はガッツナイン、ジャガーズは3位でした。

 

学年別6年生の部は優勝はジャガーズ、準優勝は岡ファイターズ、ガッツナインは3位でした。

 

ジャガーズとガッツナインに絞られたわけですが、この2チームで決定戦を行うことになりました。

 

ジャガーズは今年ガッツナインとは2戦して2敗してますので、なんとしても勝ってスッキリとクライマックスシリーズ出場を決めたいと気合を入れて臨みました。

 

ジャガーズ先攻で始まりましたが、初回にポテンヒット2本でチャンスを作り、キャプテンのタイムリー、相手の内野守備の乱れ、5番バッターのツーベース、7番バッターのスクイズで一挙5点を先制することができました。

まともなヒットは2本。

クリーンヒットが何本も続くことはそうあることではありません。

今回もポテンヒット、盗塁、相手のミス、スクイズ、いろいろなプレーが重なって得点に結びついたものです。

 

相手にもプレッシャーがあったことでしょう。

そしてジャガーズの選手からもプレッシャーを受けていたのかもしれませんね。

 

とにかくこの5点は先攻のジャガーズに大きな勇気となりましたね。

 

その後、キャプテンのホームランはじめ、追加点が欲しい場面で8番バッターが送りバントを怪しげに決めてくれ、9番バッターがタイムリーを打ってくれたりと、

攻撃では出塁して欲しい場面で内容はともかく出塁することができたことと、ここぞという場面で打って欲しい、決めて欲しい場面で選手が勝負強さを発揮してくれたことで得点を重ねることができました。

 

一方で守りでは先発ピッチャーもかなりのプレッシャーはあったとは思いますがやはり初回の5得点も背中を押してくれて、落ち着いて投げてくれました。

とにかく各回の先頭バッターをアウトに打ち取れたことが大きかったです。

3人のピッチャーで毎回ランナーを背負ってピンチを迎えていましたが、先にワンアウトを取れていることもあり、ビッグイニングを作らずに相手の攻撃を食い止めることができました。

 

そして、これまで打ち込まれていた相手の中軸バッターをしっかりと抑えてくれました。バッテリー、よく考えてますね。工夫してました。

これからもそうやって切磋琢磨してレベルを上げて下さい。

 

この日はジャガーズの良いところが出せてました。が、次の試合はどうなるかわかりません。

 

勢いも大事ですが今一度自分自身のプレーを振り返り、出来たこととできなかったこと、次にできるようにしておきたいことをよく確認して下さい。

地に足つけて野球できるようにしっかりと悔いのない準備してクライマックスシリーズ1回戦に臨みましょう。

 

野球はうまくいかないことの方が多いかもしれません。プロ野球は3割ヒットを打ったら一流です。ということは7割アウトです。

そもそも失敗のスポーツなんです。

 

だからこそヒットを打ったり、練習でできたことを試合で出すことができたら嬉しいんですよね。

 

だから努力し続けることが大事なんだと思います。

 

コツコツやることが勝つコツです。

 

ジャガーズ魂

11/8 5年生 練習試合 vs新座リトルクロメーズ

11/8 5年生 練習試合 vs新座リトルクロメーズ 12-3勝利

 

久しぶりに5年生を試合に出すことができました。

 

これまでずっと別メニューで練習、試合に帯同しても出してあげられなかった選手たちがしっかりと成長の証を見せてくれました。

 

みんなとにかくバットは振れてきているね!

振る勇気が出てきました。

そして力強くなってきた。

あとは経験。走塁、打球判断、課題は沢山あります。

少しでも来年の発射台を高くできるように手を抜かず練習していこう!

 

先発ピッチャーはストライクがだいぶ入るようになってきました。

 

楽しみです。

 

怪我には気をつけて大事に育ってもらいたいです。

 

2番手の4年生のピッチャーも力のあるボールを投げていました。

 

ピッチング覚えて打たせて取ることができるようになればもっと楽に投げられるようになるかなと。

 

経験ですね。

 

来年も楽しみです。

 

今の6年生から学べるところをどんどん学んで自分を磨いていこう!

11/8 南部大会決勝トーナメント1回戦 準々決勝vs大井亀少クラブ

11/8 南部大会 準々決勝vs大井亀少クラブ 3-7敗戦

 

この大会でのジャガーズのこれまでの最高戦績は2015年のベスト4。

当時のチームに匹敵する良いチームだと思っています。

なんとしても勝ちたい、勝たせてやりたい。

そしてまだ見たことのない景色をみんなで見たいと意気込んで試合に臨みましたが、またしても野球の難しさ、怖さを思い知らされる結果となりました。

 

初回はお互いに無得点で、我慢比べかなと思わせる試合展開でしたが、

2回に4番バッターのツーベース、ワイルドピッチ、四球で得たチャンスでスクイズとセンターゴロの間に2点先制。

良い流れが来てました。

その裏、エラー、バント処理うまくいかず、四球でノーアウト満塁となり、

1アウトを取りましたが、押し出し、スクイズで同点とされました。なんとかここで踏ん張りたいところでしたがさらに四球でツーアウト満塁とされ、相手の2番バッターにレフトへ勝ち越しの満塁ホームラン。。

コントロールの良いのが持ち味のエースでしたが1イニングで3つの四球は初めてじゃないかな。

横から見る限り、良いところに投げているように見えたのでなんとかなるだろうと思ってましたが甘かったです。

反省です。

キャプテンが間を取ってタイムをかけてくれて選手で集まってましたが監督も行くべきでしたね。

1イニング6失点は監督の責任です。

 

ここからどう挽回するか、本当の意味での強さが試されている展開でした。

反省するのは試合が終わった後。

試合が終わるまではベストを尽くそう。

常に言い続けていました。

何度か緊張の糸が切れかけている時がありましたが踏ん張ってそのあとのイニングではノーアウト満塁のピンチもありましたが1失点に抑え、粘りを見せてくれました。

みんなで守ろうという気持ちはでてましたね。

攻撃ではツーアウトからでしたが満塁のチャンス始めいくつか見せ場はありましたがあと1本が出ませんでした。

最終回、キャプテンの四球を皮切りに勝負強くなった5番バッターのタイムリーで1点返しさらにワンアウト満塁のチャンス。

ここで代打の切り札投入も惜しくも凡退、続く期待の4年生も倒れゲームセット。。

 

選手はよく頑張ってくれました。

 

攻撃では内野フライ、キャッチャーフライが多かったですね。

うまく打たされた感じでした。

自分のスイングをさせてもらえなかったというか、タイミングがあっていなかった感じに見えました。

牽制でアウトになってしまったり、

緊張もあったのかも。これも経験。

こういう時こそ落ち着いて状況の確認と自分がすべきことの準備ですね。

 

この敗戦を活かすも殺すもこれからのみんな次第。

 

悔しい思い出を、これからの努力でいい思い出に変えられるかどうか。

 

変えられるように全力でサポートします。

 

君たちならできる。

 

なりたい自分、あるべき自分を目指して励んでいこう。

 

君たちにとって、本気で何かを成し遂げようとするのはこれが初めてのことかもしれないですね。

 

私がみんなと野球ができるのもあと1ヶ月ちょっとです。

 

みんなの成長をしっかりと見届けさせてもらいます。

 

 

神様が手を差し伸べたくなるくらいまで頑張れ。

 

期待しています!!

 

号外 6年市内大会 優勝帽子投げ!!

https://youtu.be/GvCRx9hGTOQ

 

11/3 念願の6年市内大会優勝!!

去年5年の時に市内大会優勝しましたが、今年春は接戦を落としてしまい

準決勝敗退...

コロナ渦で活動自粛や目標にしていた全国予選、県大会が中止になる中

自分たちの成長という目標を見失わず

しっかり成長した選手たちの姿に本当に元気をもらいました!!

少年野球もあとわずかですが、今後の野球人生に向けての準備と

少年野球最終章を良い形で締めくくれるよう、努力してください!!

全力で応援します。。本当におめでとう!!